中学受験で単願にするメリット・デメリット

受験方法には、単願と複願の2種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあると言えます。それは、中学受験も例外ではありません。
中学受験を単願にするメリットとしては、受験生の体力的負担の軽減や、親の経済的負担の軽減が挙げられます。
受験をするという行為は、意外と体力を使うものなので、沢山受験すれば沢山エネルギーが要ります。
受験校により、出題傾向が違ってくるので、一つの学校に絞れば、効率良く勉強もしやすいです。
経済面では、受験費用はもちろん、仮抑えだけでもいくらかのお金が必要な場合もあるので、入学しない場合の余分な出費は発生しません。
また、単願の場合、複願の人よりも合格しやすいように融通してくれる学校もあります。
デメリットは、落ちてしまえば後がないという崖っぷちにたたされることです。
また、模試などで試験慣れしていても、本番の空気はひと味違いますので、場慣れができないことも挙げられます。
どちらがいいかは人それぞれなので、自分に合う受験法を選んでみてください。
さらに詳しくはこちらのサイト(⇒http://www.tsbdk9.com/)に載っています。